声明・談話

2003年6月27日

衆議院議員 太田誠一 様

社民党女性国会議員団

女性の人権を踏みにじる「レイプ容認」発言に強く抗議し、
発言の撤回及び謝罪を求める要求書

新聞報道によると、貴方、太田誠一議員は、6月26日鹿児島市内で開かれた討論会において、「集団レイプする人はまだ元気があるからいい。また正常に近いんじゃないか」と発言した。
「レイプ」は女性の人格・人権を否定する最も恥ずべき行為であり、犯罪である。太田議員の発言は、女性蔑視に基づいた極めて差別的かつ犯罪的な発言である。
元総務庁長官であり、現在も自民党行政改革推進本部長という要職にある太田議員が、公の討論会で、このような差別的、犯罪的な発言をしたことは、到底、許されるものではない。

また、この発言は、先日、発覚した早稲田大学生らによる女子大生集団暴行事件に関連して、出てきたものであると報道されている。
「元気があるからいい」「正常に近いんじゃないか」という太田議員の発言は、加害者を擁護するばかりか、勇気をもって、警察に訴えた被害者の女子大生を、さらに貶め、傷つけるものにほかならない。

社民党女性国会議員団は、強い怒りをもって太田議員に断固抗議し、猛反省を求めるとともに、公の場における発言の撤回、及び被害者の女性と、全ての女性に対する謝罪を要求する。

社民党女性国会議員団

〔衆議院議員〕 阿部知子 大島令子 北川れん子
土井たか子 東門美津子 中川智子
原陽子 山内惠子 山口わか子
〔参議院議員〕 大脇雅子 福島瑞穂