声明・談話

2003年5月16日

川辺川利水訴訟福岡高裁判決について(談話)

社会民主党
幹事長 福島瑞穂

  1. 本日、国営川辺川利水控訴審で、福岡高裁は原告勝訴の判決を言い渡した。原告の逆転勝訴であり、社民党は、まずこの判決を原告の人々とともに歓迎したい。
  2. 判決では、農業用用排水事業と区画整理事業について、土地改良法の規定の資格を有する者の三分の二の同意が得られていないとし、原 告の訴えを認め国に対し棄却処分の取り消しを命じている。これは長年にわたり利水事業の不当性を訴えてきた農家の主張が認められたものであり、政府はこの 判決に従って直ちに土地改良事業を中止すべきである。
  3. 川辺川土地改良事業の正当性が完全に失われたことにより、川辺川ダム事業推進の大きな理由が崩れた。国土交通省は川辺川ダム建設を即刻断念すべきである。熊本県の収用委員会も、ダム建設を前提とした委員会の審理を中止すべきだ。

以上