声明・談話

2003年3月20日

アメリカ、イギリスのイラク攻撃を弾劾する(談話)

社会民主党
党首 土井たか子

  1. 世界の人々の平和への願いと国連の平和的解決への努力を踏みにじって、アメリカとイギリスはイラクへの武力攻撃を開始した。社民党は、国連憲 章や国際法に違反し、国際秩序を崩壊させるアメリカ、イギリスの蛮行に対して満身の怒りを込めて弾劾する。同時に、平和憲法に背いて「大義なきアメリカの 戦争」を支持し、これに加担する小泉内閣に断固抗議する。
  2. アメリカ、イギリスのミサイル攻撃にさらされるのは、罪なきイラクの国民である。無辜の国民を戦禍にさらす権利はいかなる国にもな い。国連決議のない今回の「アメリカの戦争」は国連憲章や国際法に違反することはもとより、一国の政権転覆を目的とする戦争は、民族自決権や国家の主権に 対する侵害であり、「軍事的侵略」との批判さえ免れるものではない。法の支配よりもみずからの価値観による力の支配を優先させるアメリカの単独行動主義 は、国連と国際秩序に対するあからさまな挑戦と言わなければならない。「アメリカの、アメリカによる、アメリカのための戦争」にいかなる道理も見出すこと はできない。
  3. 小泉内閣は、この無法な「アメリカの戦争」を無条件に、全面的に支持した。国際紛争解決の手段としての戦争放棄を明記した日本国憲 法を真っ向から否定し、戦後わが国が外交の基本としてきた国連中心主義を放棄したものと断じざるを得ない。戦争回避と平和的解決に努力する国連の圧倒的多 数の国々に背を向け、戦争に走るアメリカに追従することは孤立化への道であり、国際協調の破壊に手を貸すことにほかならず、それこそわが国と国民の利益を 決定的に損なうものである。国民に何らの説明もなく、わが国の基本方針を捻じ曲げる小泉首相の責任を厳しく問いたださなければならない。
  4. 社民党は、アメリカ、イギリスに対して戦争の即時中止を強く求める。「アメリカの戦争」を支持する小泉内閣の打倒を目指す。世界の人々と連帯して、戦争の中止と国連を中心とした平和の秩序回復に全力をあげる。