声明・談話

2003年1月14日

小泉首相の靖国神社参拝に強く抗議する(談話)

社会民主党全国連合
幹事長 福島瑞穂

  1. 本日、小泉首相が就任以来三度目になる靖国神社参拝を強行した。靖国神社参拝は、憲法の「政教分離の原則」などに抵触するという再三にわたる指摘を無視し、あえて参拝を強行したことに強く抗議する。
  2. これまでの二度にわたる小泉首相の参拝に対し、中国、韓国をはじめとした近隣アジア諸国は強い懸念を示した。にもかかわらず、旧日 本軍のA級戦犯が合祀された靖国神社の参拝を繰り返すことは、侵略の事実から目をそらした、首相としてあるまじき行為と断ぜざるを得ない。折りしも、朝鮮 民主主義人民共和国(北朝鮮)のNPT(核拡散防止条約)脱退宣言により、北東アジア地域に再び緊張が高まりつつある中、近隣諸国との協調、信頼醸成に、 あえて水を差すような行為に踏み切ることは理解しがたい。
  3. 福田康夫官房長官の私的諮問機関である「追悼・平和のための記念碑等施設の在り方を考える懇談会」は、昨年の12月24日に戦没者 追悼のため、無宗教の国立追悼施設を建設すべきだとする報告書をまとめている。報告書は、A級戦犯の合祀問題には言及を避けているとはいえ、報告書を尊重 し、検討する素振りさえ見せない首相の姿勢は、厳しく批判されるべきである。

以上