声明・談話

民主党・鳩山由紀夫代表の辞任について(コメント)

福島瑞穂幹事長は12月2日、民主党の鳩山由紀夫代表の辞任表明を受け、国会内で記者団に対して、要旨以下のようなコメントをしました。

 鳩山代表は代表選で再選されたばかりでした。他党のこととはいえ、臨時国会の最中に辞任することになったのは大変に残念です。民主党がまとまって、小泉・自民党政権との対決姿勢を鮮明にし、野党第1党としてリーダーシップを発揮されることを強く望みたいと思います。

社民党にはこれまで、統一会派などの呼びかけはありません。野党が結束し、政策や国会対策で一致点を積み上げたり、選挙協力を行なっていくことは 大変重要だと考えますが、統一会派や新党となると次元は、まったく異なります。理念や重要政策での一致を見ないままでの結集には、国民が理解を示さず、政 党政治の根幹そのものが問われることになるのではないでしょうか。