声明・談話

2002年10月17日

北朝鮮による核兵器開発について(談話)

社会民主党全国連合
幹事長 福島瑞穂

  1. 米国務省は16日、今月初めの米朝高官協議において朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が核兵器用の濃縮ウラン計画を進めていることを認め、ま た関係進展のための北朝鮮への大胆なアプローチが追求できなくなったとする声明を発表した。北朝鮮の核開発は94年の米朝枠組み合意にとどまらず、核拡散 防止条約(NPT)、92年に南北が合意して発効した朝鮮半島非核化共同宣言にも違反するものであり、極めて遺憾と言わざるを得ない。同時に、北東アジア の緊張を激化させる重大な事態になりかねないと、わが党は憂慮するものである。
  2. 日朝平壌宣言では「朝鮮半島の核問題の包括的な解決のため、関連するすべての国際的合意を遵守する」ことが確認されている。北朝鮮 は同宣言を誠実に履行するためにも、核開発計画を直ちに断念すべきである。また、開発がすでに進められているのであれば、国際原子力機関(IAEA)によ る査察などの手続きを経て、核開発に関連する設備の廃棄を行なうことが不可欠である。日本政府も、国交正常化交渉において開発計画の中止を強く求めるべき である。
  3. 北朝鮮と日米韓各国との間で、対話と協力に基づく関係改善が図られることは朝鮮半島のみならず、北東アジア地域全体の平和と安定に大きく寄与するものである。米国政府が今回の問題で北朝鮮との対話を閉ざすのではなく、話し合いを通じて平和裏に問題解決を行なうことを望む。

以上