声明・談話

2002.10.15

拉致被害者の一時帰国について(談話)

社会民主党幹事長
福島瑞穂

  1. 本日、北朝鮮によって拉致された5名の方々が一時帰国されました。24年ぶりに故国の土を踏まれ、元気な姿で帰国されたことは本当によかったと思います。これからご家族や近親者、友人の方々との対面が暖かく静かに実現することを心より望みます。
  2. 5名の方々の現状回復をめぐる諸問題については、ご本人ならびにご家族のお気持ちと希望に沿って、その希望が速やかに実現するよう政府に求めていきます。
  3. 拉致事件の真相解明は、これからです。今後、日朝間の正常化交渉の場で一日も早く拉致事件の全容が明らかになるよう望みます。