声明・談話

2002年9月11日

アメリカの同時多発テロから1年を迎えて(談話)

社会民主党 幹事長
福島瑞穂

  1. アメリカの同時多発テロから1年が経過した。犠牲になられた方々にあらためて哀悼の意を捧げ、お見舞い申し上げたい。いかなる理由があろうとも、テロは決して許されるものではない。国際社会は、英知を結集し、協力してテロとテロの原因の根絶を目指さなければならない。
  2. この1年の経過を見るとき、「武力による報復」は、なんら問題の解決につながらないことを浮き彫りにしている。空爆にさらされたア フガニスタンでは、幾千もの市民が犠牲となり、国土は破壊され、治安も悪化するなど復興は困難を極めている。また、アメリカによる「武力報復」がイスラエ ルのパレスチナへの武力侵攻につながり、「武力侵攻とテロ」の応酬が続いている。アメリカは、イラクを「ならず者国家」と断定し、武力攻撃の準備を急いで いるが、これは中東情勢を不安定化し、世界を再び緊張と対立に引き戻すものといわなければならない。
  3. 「力と恐怖」による抑圧は、怨嗟と対立を激化させるばかりである。今こそ世界は、国連を中心にテロの原因となる貧困や差別、経済格 差の解消などに向けて、粘り強く取り組まなければならない。独善を排し、武力によらない「対話と協調」による平和と安定の枠組み作りこそ重要である。
  4. 9月12日には、日米首脳会談が行なわれるが、小泉首相は、ブッシュ大統領に対して、イラク攻撃に対して支持も支援もできないこと を明言するとともに、アメリカの単独行動主義をいさめ、国連を中心とした国際社会との協調によって、問題の解決にあたるよう強く主張すべきである。