声明・談話

2002年4月28日

参議院新潟選挙区補欠選挙の結果について(談話)

社会民主党全国連合
幹事長 福島瑞穂

  1. 4月28日投開票の参議院新潟選挙区補欠選挙は、社民党など野党の推薦する黒岩たかひろ候補が勝利した。この結果を生んだ新潟県民の良識にまず敬意を表したい。そして、同日行なわれた徳島県知事選挙においても、社民党の推薦する大田正候補が勝利した。
  2. 今、国会は有事法制、医療制度、健康保険法の改悪、個人情報保護法案など、国民生活を根底から揺るがす恐れのある法案が提出されて いる。社民党は、今回の選挙において、こうした悪法を許す自民党を中心とした政治とそれを推し進める小泉政権に対して、黒岩候補とともに断固闘う姿勢を鮮 明にしてきた。
  3. 黒岩候補の勝利は、こうした政治の反動と一向に上向きにならない景気、そして失業の増加など「痛み」のみを押しつける小泉政権に対して、国民がノーの意思を明確に示したものである。小泉首相は、この結果を厳粛に受けとめ直ちに退陣をすべきである。
  4. 社民党は、この結果を受け、小泉政権に対して闘いを更に強め、有事法制をはじめとする悪法の廃案をめざして邁進する決意である。

以上