声明・談話

2002年1月30日

田中外務大臣・野上外務事務次官の更迭について(談話)

社会民主党 幹事長
福島瑞穂

  1. 小泉純一郎首相は29日深夜、田中真紀子外相と野上義二外務事務次官を更迭した。鈴木宗男・衆院議院運営委員長も辞任することとなった。アフ ガニスタン復興支援国際会議でのNGO排除問題をめぐる混乱の責任を理由に挙げ、「喧嘩両成敗」の形で決着を図ろうとしたものだが、NGO排除問題の真相 を何ら明らかにすることなく、関係当事者をすべて国会の舞台から遠ざけて事態を収集させようとすることは、「真相隠し」以外の何ものでもない。
  2. 外相と事務次官の更迭は、与党による衆院本会議での強行採決直後に行なわれた。NGO排除問題の責任と称するのであれば、野党が要 求した「政府見解」についての予算委質疑をかたくなに拒否することなく、審議を通じて真相と責任の所在を明らかにすべきであった。今回の措置は、国会審議 を軽視し、国民を愚弄するものであると指摘せざるを得ない。
  3. 小泉首相は当初、今回の事態について「たいした問題ではない」と他人事のように振る舞い、真相究明と国会、国民への説明という政府 としての責任を一切放棄してきた。外務省の一連の混乱でも傍観者的な態度を取り続けてきたことと併せ、一貫して無責任な態度に終始してきた小泉首相の責任 は大である。更迭後、首相は「混乱の責任は私にあると思っている」と述べたが、任命権者として具体的にどのような形で責任を取るのかを明確にすべきだ。社 会民主党は、国会審議を通じてNGO排除問題の真相を明らかにすることに全力を挙げるとともに、支持率の高さにあぐらをかき、つじつま合わせで責任を回避 しようとする小泉首相の政治姿勢を厳しく追及していく。