声明・談話

2001年8月13日

党声明
小泉首相の靖国神社参拝強行に強く抗議する

社会民主党

  1.  本日、小泉首相は、靖国神社への参拝を強行した。
    憲法の「信教の自由」「政教分離の原則」などを踏みにじり、かつ、また、多くのアジア諸国の懸念の声を無視した靖国参拝の強行は、断じて許すことは出来ない。
  2.  靖国神社は、かつて大日本帝国憲法の下で天皇制と国家権力が富国強兵政策の一環と して神道を国家神道として利用するために設立され、帝国陸・海軍によって管理されていた。
    また靖国神社は、神道の儀式にのっとって、処刑されたA級戦犯をも「祭神」と位置付け合祀する宗教団体である。戦死者の霊が、神となるということそれ自体が、国家のための戦死を美化し、戦意を高揚させるものであり、とうてい容認されるものではない。
  3.  神道にのっとった宗教団体であり、かつての侵略戦争を正当化することを公言してはばからない、靖国神社に内閣総理大臣が強い反対を押しきって参拝したことは、憲法第20条「信教の自由」、第89条「政教分離の原則」に抵触し、憲法違反であることは明白である。
  4.  かって、わが国が引き起こした侵略戦争や植民地支配によって、甚大な被害を被った中国、韓国をはじめとするアジア諸国民の心情ば かりでなく、国の間違った戦争で犠牲にされたわが国国民の心情をも大きく逆なでし、わが国とアジア諸国との信頼関係を大きく破壊することになることは必至 である。靖国参拝後に「中国・韓国等アジア諸国とひざを交えて対話をしたい」と言っても、不信は深まるばかりだ。
  5.  戦争犠牲者を追悼する最も大切な道は、憲法の精神を踏みにじり、中国・韓国などをはじめとする、アジア諸国との信頼関係を破壊することではなく、平和憲法をしっかりと守り、二度と無謀な戦争を引き起こさない平和国家・日本を建設していくことであると確信する。

以  上