声明・談話

2001年4月3日

歴史改ざん教科書は許されない(談話)

社会民主党全国連合
幹事長 渕上 貞雄

  1. 本日、文部科学省は、多くの心ある学者・文化人、各界の人々の憂慮の声や、中国・韓国などの近隣諸国の声を無視する形で「新しい歴史教科書を つくる会」が中心となって執筆した歴史の事実を歪曲し歴史を改ざんした「歴史改ざん教科書」を検定合格させた。このことは、1982年の「国際理解と国際 協調の見地から必要な配慮」を求めた近隣諸国条項及び1998年の「日韓首脳共同宣言」及び「植民地支配と侵略」に対する深い反省と謝罪を表明した1995年の村山総理談話などに抵触することは明白であり。政府自らこれまでのアジア諸国との公約を踏みにじるまことに無責任な対応と断ぜざるを得ない。
  2. 「歴史改ざん勢力」の一翼である「つくる会」が作成した教科書はこれまでの教科書とは全く異なり、歴史を歪曲しかつてのアジア侵略 戦争と植民地支配を賛美している。この教科書は「大東亜戦争」をアジア解放のための戦争だったと受け取られるように描いているが、日本の近代史を歪曲し、 大日本帝国があたかも「植民地解放の旗手」であったかのように描き出すことは、まさに歴史を歪める行為そのものといわねばならない。
  3. 敗戦後の日本の歴史教育は、国民を戦争へと導くのに大きな役割を果たした戦前の歴史教育に対する深い反省から出発していることを忘 れてはならない。このような「歴史改ざん勢力」の教科書に対して、今日、日本政府が検定合格のお墨付きを与えたことは、まさに敗戦に至る戦前のあの誤てる 歴史教育に道を開くことを意味する。こうした危険な動きを食い止めなければ、日本は世界とアジアの中で孤立を深めることとなる。真理と事実を踏みにじる教 科書は断じて許すわけにはいかない。
  4. 私たちは平和と人権の21世紀を築くため、戦争加害国の国民としての重責を常に忘れることなく歴史と向かい合い、日本政府が謝罪と 補償を誠実に果たすよう運動を強めていく。そして「歴史改ざん勢力」が作成した「歴史改ざん教科書」が子ども達へ真実を踏みにじり歴史を改ざんした誤てる 歴史教育の道具として使われる事がないように全国で「歴史改ざん教科書」を採択させない運動を平和と民主主義を愛する広範な人々と連携を固めつつ全力をあ げて取り組みを開始することを内外に表明する。

以上