声明・談話

2001年1月23日

額賀福志郎・経済財政担当相の辞任について(談話)

社会民主党幹事長
渕上 貞雄

  1. 本日、財団法人「ケーエスデー中小企業経営者福祉事業団」(KSD)から1500万円の資金提供を受けていた額賀福志郎経済財政担当相が辞 任した。「国民に説明しにくく、国会を乗り切るのは難しい」ための辞任というのでは、まさに真相隠しの辞任ではある。閣僚辞任でうやむやにするのではな く、額賀氏はまず自ら国民に真実を語るべきである。
  2. 額賀氏の「秘書が『預かり金』の名目でKSDから計1500万円の資金提供を受けていたが、すでに返却した」とのこれまでの説明は、到底納 得できるものではない。本当に1500万円は返却したのか、また額賀氏本人の関与はあったのか、疑問は尽きない。何よりも額賀氏は、資金提供を受けていた 時期に官房副長官を務めていたが、小渕首相の施政方針演説に「ものつくり大学」の設立を盛り込むことに関与したのかどうか。これが事実であるならば、国政 運営の基本方針でもある施政方針にさえカネが影響していたということに他ならない。社民党は、資金提供疑惑の真相を解明するためにも、額賀氏の証人喚問を 求める。
  3. 額賀氏は、内閣の目玉である経済財政諮問会議とITの担当という重要閣僚であり、昨年末に就任したばかりである。内閣改造に際して、KSDからの資金提供を知りながら、額賀氏をあえて閣僚に起用した森首相の任命責任は極めて重大であり、森首相の任命責任を厳しく追及する。
  4. KSDをめぐる汚職事件は、小山孝雄参院議員の逮捕、村上正邦参院自民党議員会長の辞任、額賀氏の閣僚辞任へますます拡大し、一大疑獄の様 相を呈してきている。社民党は、複雑で奥深い政官業の「癒着の構図」の徹底糾明と、国民から信頼される清潔な政治の実現のため、全力で取り組む。