声明・談話

2001年1月15日

村上正邦参議院憲法調査会会長の辞任を求める(見解)

社会民主党

  1. 本日、村上正邦自民党参議院議員が、「世間に迷惑をかけた」としてKSD疑惑に関連して、自民党参議院議員会長を辞任したとのことである。
    しかし、この辞任表明は自民党内の問題に過ぎない。村上議員の国会に対する責任は極めて重大である。
    村上議員は現在参議院の憲法調査会会長の任にあるが、ことの重大さからして、国会に対してこそ責任を果たすべきであり、ただちに憲法調査会会長を辞任すべきであると考える。
  2. 社民党は、KSD疑惑について、検察の徹底した解明を強く求める。今後の事件の解明とその結果によってはさらなる対応が必要となることを留保しておきたい。
  3. また、長年、村上議員の公設秘書を務めた自民党の小山孝雄参議院議員が、KSDの意向に沿う国会質問をしたとして東京地検特捜部から受託収 賄容疑で出頭要請を受けているとのことであり、KSD疑惑は底知れぬ広がりを見せている。社民党は、小山孝雄議員の議員辞職を強く求めるとともに、今度の 通常国会において、KSD疑惑の徹底究明と責任追及に全力を上げる。