声明・談話

2000年10月26日

内閣官房長官
中川 秀直 様

社会民主党
衆参女性議員一同

中川秀直官房長官の辞任を求める申し入れ 私たちは、戦後日本の社会が積み重ねてきた日本国憲法の精神にのっとり、とりわけ男女平等社会の実現や青少年が健やかに育つ社会を実現させるために努力をしてきた。

中川秀直氏は、内閣官房長官という要職に加えて、男女共同参画担当大臣であり、青少年の薬物乱用や性非行、援助交際等についての対策担当大臣でもあります。

にもかかわらずこの間、写真週刊誌等で右翼団体幹部との交友、愛人問題及び薬物疑惑等があると報道されています。これに対して中川内閣官房長官の 国会での一連の答弁は、曖昧であり、これらの疑惑に対して答えるものとはなっておらず、とうてい納得できるものではありません。

ここに社民党女性議員一同は、中川秀直氏に自ら内閣官房長官を初めとする一切の要職を辞任されますよう、強く申し入れます。

以上