声明・談話

2000年10月22日

衆議院東京21区補欠選挙の結果について

社会民主党全国連合
選挙対策委員長 渕上 貞雄

1,本日、前山本譲司衆議院議員の議員辞職にともなう衆議院東京21区の補欠選挙の投開票が行われた。社民党は、工藤てい子候補を公認して善戦した が及ばなかった。工藤候補は「子どものいのちを守りたい」を原点に、福祉の充実、安全・安心の食と環境、女性の力でクリーンな政治、憲法9条の擁護を訴 え、社民党の基礎票を固めることができた。この厳しい経験を来年の東京都議会選挙、参議院選挙に活かしていきたい。
工藤候補を支援いただいた有権者、支持者、関係団体の皆さんに心から感謝をしたい。

1,選挙結果は、事実上の与党統一候補である自民党候補の敗北となった。これは議会制民主主義を無視し、党利党略によって参議院に非拘束名簿式を強行しようとする与党の暴挙への国民の審判であり、与党は直ちにこの法案を撤回すべきである。

1,先の長野県知事選挙や東京21区の選挙でも、無党派層の動向が勝敗に大きく影響している。我が党は、無党派層や女性、若者への支持拡大を強め、市民に開かれた党をめざし、来年の都議会議員選挙、参議院選挙の必勝を期したい。