声明・談話

2000年10月19日

「非拘束名簿方式」導入法案の成立阻止をめざす4野党共同声明

民 主 党
自 由 党
日本共産党
社会民主党

 自民党、公明党、保守党の与党3党は本日、参議院本会議において民主党・新緑風会、日本共産党、社会民主党・護憲連合、自由党の野党4会派が抗 議、欠席する中で、参議院比例選挙に「非拘束名簿方式」を導入する法案を強行採決した。民主党、自由党、日本共産党、社会民主党の野党4党は、参議院議長 が法案の審議、採決をめぐり辞任するという憲政史上に残る重大な事態を惹起し、且つまた、この重大な事態に対する反省のかけらもない与党の度重なる暴挙に 厳重に抗議し、以下表明する。

1,参議院本会議における「非拘束名簿方式」導入法案の採決強行に厳重に抗議する。

1,この間の参議院における同法案成立阻止をめざす野党の断固とした闘いの姿勢が国民に同法案の本質をアピールし、議会制民主主義のルールを破綻させた一連の与党の暴挙に対する国民世論の強い批判を喚起したことを高く評価し、確認する。

1,なお、衆議院においては引き続き同法案の成立阻止をめざす。国民に対してこの法案の本質を一層明らかにし、国民の理解を一段と深めるため、我々は本会議における趣旨説明を求める。

以上