声明・談話

2000年9月4日

山本譲司議員の逮捕について(談話)

社会民主党
幹事長 渕上 貞雄

 山本譲司衆議院議員および公設第一秘書が、詐欺容疑で逮捕された。

国から支給された政策秘書の賃金の大半を秘書に支給せず、事務所経費に流用したとの疑いである。また、政策秘書の採用についても、最初から賃金を詐取する目的で名前のみを登録する「名義貸し」採用の疑いももたれている。

国会議員としてあるまじき極めて遺憾な行為であり、事実とすれば逮捕は当然である。また、賃金を他に流用するための「名義貸し」採用であったとす れば、まさに政治家としての倫理感を欠く悪質な詐欺行為そのものであり、到底許されるものではない。政治腐敗を追及し、政治倫理の確立をめざすべき野党の 政治家がこのような犯罪で逮捕されたことは極めて残念である。

こうした事件の再発を防止するためには、国会議員の秘書制度そのものの見直しを行うべきである。とりわけ、議員の政策・立法活動の充実のために導 入された「政策秘書」制度が悪用される一方、狭き門の政策秘書試験を突破した有用な人材が採用されないままであるといういびつな実態は、改めなければなら ない。

山本議員は、国民の前に率直に事実を明らかにするとともに、直ちに衆議院議員の職を辞するよう強く求めるものである。