声明・談話

2000年7月28日

金融再生委員長の即時辞任を要求する

社会民主党
幹事長 渕上 貞雄

  1.  森内閣の金融再生委員長である久世公尭参議院議員が、三菱信託銀行から巨額の利益供与を受けていたことが判明した。特定の銀行から事務 所・事務員の無償提供を受け、顧問料を受け取り続けていた人物が、金融再生委員長として不適格であることは論を待たない。即刻辞任を要求するものである。 また、任命権者である森総理も責任を免れない。
  2.  三菱信託銀行が何の見返りもなく自民党参議院議員に対して「利益提供」を続けていたとしたら背任行為となる。しかし、銀行にとって巨額の 「利益提供」を続けてきた政治家が、これまで多くの血税を注いできた銀行の不良債権処理を監督し、国際的な銀行再編の渦中にある金融行政のトップを担うと いうだけで、三菱信託銀行は太い情報回路を得たことになる。公平・厳正な職務の執行を期待できない。
  3.  社会民主党は、これまであっせん利得罪の法制化に努力し、この臨時国会においても法制化を強く主張してきた。久世参議院議員が、国会議員 であることの地位を利用して、三菱信託銀行から、財産上の利益を供与された対価として、金融行政にかかわる情報を提供すれば、当然に処罰されなければなら ない。
    だからこそ、この臨時国会の場で1日も早い法制化を果たし、政財官の癒着と政治の腐敗の根を断つために、社会民主党は全力を尽くして取り組むものである。