声明・談話

2000年6月26日

第42回衆議院議員選挙結果について(談話)

社会民主党
幹事長 渕上 貞雄

  1.  今回の総選挙において、わが党は、小選挙区で4名、比例代表で15名、併せて19名の議席を獲得し、現有議席を5上回った。目標とする 21議席以上には届かなかったものの、比例定数を20削減された中でこの議席を確保できたことは、わが党に対する国民の強い期待の現われである。ご支持い ただいた有権者の皆さんに心から感謝する。
  2.  今回の選挙において、わが党は、なによりも憲法第9条を守り、活かすこと、社会的、経済的に弱い人たちの立場にたち、社会保障と福祉の充 実、雇用の確保と安定など、くらしと将来への不安の解消を訴えた。こうしたわが党の主張は、多くの国民の理解を得、共感を呼んだものと確信する。今後と も、有権者の負託に応えるべく、全力をあげる決意である。
  3.  「自公保」3党に安定多数を許したことは極めて残念である。しかし、3党とも改選議席を大きく減らし、森「自公保」内閣や巨大与党に対す る国民の強い批判をうかがわせる結果となった。「自公保」3党は、国民の審判を厳しく受け止め、今後の政局、国会運営にあたっては、野党との真撃な討論に よる議会制民主主義を十分に尊重すべきである。わが党は、これからも「自公保」連立政権と厳しく対決する。
  4.  今回の選挙結果によって、わが党は党の再生、再建に向けて確かな礎を築くことができた。今後とも、文字通り、国民、市民とともに歩む党と して、中央、地方の党改革を大胆に進め、党の再建を確かなものにしなければならない。21世紀に向け、平和憲法を守り、弱い立場の人たちとともに「公正と 平等、連帯と共生」の社会の構築など、社会民主主義の政治を大きく発展させるため、全力をあげる。