声明・談話

2000年6月19日

竹下登元総理の逝去を悼む(談話)

社会民主党
党首 土井たか子

 竹下元総理の逝去に対して、心から哀悼の意を表します。

わが国の戦後政治に大きな影響を及ぼした竹下氏の逝去に一つの時代の終わりを感じます。

竹下政治の特徴は、経済成長を背景とした利益誘導と分配、調整型政治であり、派閥の数の力を持って権力を支配するという、なによりも政権維持と影 響力の確保を目的とするものでした。こうした政治のあり方は、現在の自民党政治の本質となって、むしろ拡大再生産され続けているといっても過言ではありま せん。

また、竹下総理の時代に、消費税の導入やリクルート問題をめぐって厳しく応酬しあったことが強く思い起こされます。

経済が行き詰まり、不安と混乱が増大し、政治への不信が高まっている今こそ、21世紀に向けて、金権政治の一掃と利権誘導型政治を清算し、政治倫理の確立をはじめとする政治の刷新に全力をあげなければなりません。

立場の違いはありましたが、同時代を生き、激しくわたりあった竹下元総理を偲び、謹んでご冥福をお祈りいたします。