声明・談話

メーデー・アピール 全国の働く仲間のみなさん、社会民主党は、第71回メーデーを皆さんとともにお祝いし、心から激励と連帯の挨拶を送ります。私たちは皆さんととも に戦後一貫して日本国憲法のもとで、「平和で公正・公正な社会」「ゆとりある豊な生活」の実現にむけて全力をあげて参りました。

しかし、国会においては、新ガイドライン関連法、盗聴法、国旗・国歌法をはじめとした国家主義の台頭と年金改革など福祉の切り捨てという、平和と 国民生活を根底から崩壊させかねない政府与党の暴挙が続いています。そして、憲法調査会が設置され、皆さんとともに闘いの中で守り育ててきた憲法は最大の 危機をむかえています。

改憲を目論む勢力は、「憲法が現実に合わなくなった」と主張しています。しかし、強まる国家主義、雇用不安の日々、1日に90人もの方が自ら生命 を絶っているという現実をみたとき、この現実に憲法を合わせるのではなく、恒久平和と国民主権、基本的人権の尊重を基本とした憲法を暮らしに生かし、あっ てはならない現実を変えることこそが私たちの歩む道ではないでしょうか。

わが国は、深刻な不況が続く中で、完全失業率は4.9%と史上最悪を更新し、失業者は300万人を越えるという大変深刻な事態にあります。

今や雇用問題は、わが国にとって重要な課題であり、「弱肉強食」の経済・社会の変革こそが求められています。

20世紀最後のメーデーを迎えた今日のこの日に、あらためてその決意を固め合おうではありませんか。

働く仲間の英知とゆるぎない団結の力によって、平和で安心して暮らせる未来の創造に全力をあげようではありませんか。

社会民主党もその先頭にたち奮闘します。そして、森「自公保」内閣と厳しく対決して、政治を国民の手に取り戻すために、迫る総選挙を全力でたたかい抜く決意です。

21世紀を明るく平和でゆたかな時代とするために、ともに頑張りましょう!

2000年5月1日

社会民主党

党首 土井たか子