声明・談話

2000年4月11日

石原東京都知事の再三の差別発言に抗議する

社会民主党東京都連合
代表 田英夫

社会民主党平和・人権・環境委員会
委員長 星野郁夫

1、石原東京都知事は、4月9日の陸上自衛隊第1師団の記念行事で、「東京では不法入国した三国人、外国人の大きな犯罪が繰り返されている。大災害 が起きたら騒じょう事件も想定される」として、自衛隊に対し「治安の維持も目的として遂行してほしい」旨の発言を行った。さらに昨日(10日)は、視察先 で、「東京の犯罪は凶悪化しており、全部三国人、不法に入国して居座っている外国人じゃないか」、「不法に入国している外国人が必ず騒じょう事件を起こ す」などと「三国人」発言を繰り返した。

2、騷じょう事件即自衛隊の治安出動という発想自体も短絡的であり、極めて問題だが、看過できないのは、石原知事の外国人に対する根深い差別意識、 とりわけ韓国人、朝鮮人、中国人に対する排外的ともいえる差別意識である。社民党は、繰り返される石原都知事の差別発言に強く抗議するとともに、差別発言 を直ちに撤回し、謝罪するよう求める。

3、石原発言に、在日諸団体、中国、韓国、北朝鮮等から非難と抗議が殺到しているが、これは当然である。知事の発言は、関東大震災時における朝鮮人 大量虐殺の再来に道を開きかねないからである。しかるに知事は、あろうことか「何かいけないことを言いましたか」と、居直りとも挑戦ともとれる態度をとっ ている。この国際化の時代に、このような人物が国際都市東京を代表しているのかと思うと、あまりの時代錯誤に呆然とするしかない。

4、石原知事の発言にもかかわらず、事実は石原知事の発言を根底から覆している。阪神大震災の記憶はまだ生々しいが、その時、外国人による騷じょう 事件はおきたか。今また有珠山の噴火という災害が発生しているが、北海道で外国人による暴勤が起きているのか。こうした事実に目を向けず、なぜ石原知事 は、「大災害時に外国人が必ず騒じょう事件を起こす」と自信をもって言うのか、その根拠を明確に説明する責任がある。石原知事の発言は、故意に民族差別を 助長するものであり、断じて容認できない。