声明・談話

2000.2.6

大阪府知事選、京都市長選の結果について(談話)

社会民主党
幹事長 渕上 貞雄

 大阪府知事選挙で太田房江氏が当選した。横山ノック前知事のセクハラ事件による辞職という話題性の割には投票率が過去最低を下回り、府民の府政に 対する根強い不信感をうかがわせるものとなった。また、与野党相乗りになったことで争点が不鮮明になったことも低投票率の要因と考えられ、最後は組織力の 差が勝敗を分けることとなったものと思われる。

また、京都市長選挙では、わが党などが推薦する現職の桝本頼兼氏が当選した。桝本氏の実績が京都市民の支持を得たものである。

今回の選挙は、中央と異なった枠組みで戦われ、必ずしも中央情勢を反映したものではない。わが党は、今後とも野党三党の結束を固め、解散・総選挙に追い込み、「自自公」政権打倒をめざす決意である。