声明・談話

1999.10.21

リクルート事件藤波孝生被告の有罪確定について(談話)

社会民主党
幹事長 渕上貞雄

1、リクルート事件で、受託収賄罪で起訴された藤波孝生元官房長官の有罪が確定した。当然の判決である。官房長官の重職にあるものの「わいろ性」が認定されたことの意味は極めて重大であり、藤波被告は判決を厳粛に受け止め、ただちに衆議院議員を辞職すべきである。

2、リクルート事件は、「政治家と金」をめぐる事件として大きな問題となり、この事件を期に政治倫理の確立が重要課題となった。しかし、その後も政 治と金をめぐる事件、疑惑は後を断たない。にもかかわらず、「自自公」連立政権が、利権政治の根源である「企業・団体献金」の禁止を先伸ばししようとして いることは到底容認できるものではない。

3、社会民主党は、改めて「企業・団体献金」の禁止の2000年1月からの実施を強く要求するとともに、斡旋利得罪の創設など政治倫理の確立に全力をあげる。