声明・談話

1999年5月3日

憲法記念日にあたって

社会民主党

1、社会民主党は、日本国憲法施行52年目の憲法記念日を、国民とともに心からお祝いする。世界に誇る憲法とともに歩んできた私たちは、21世紀に 向けてこの憲法を守り、活かし、世界に拡げていく決意を、平和を愛する人々に改めて表明する。日本国憲法のもつ平和主義、民主主義、基本的人権の理念は、 悲惨な戦争の惨禍の中から生まれた。戦争を仕掛け、また仕掛けられず、平和と繁栄を享受してきたこの約半世紀の歴史は、憲法をもとに創られてきたことを強 調したい。

1、ソ連邦が崩壊して10年近くになるが、米国の冷戦思考はかたちを変えて温存されている。米国は“世界の警察官”のようにふるまい、ユーゴヘの介 入が示すように、かえって民族や宗教の対立、局地的な領土紛争などが深刻化する結果を招いている。米国に追随する日本政府は、近隣諸国から軍事大国化、偏 狭なナショナリズムヘの回帰を指摘されている現実も、許すことはできない。

1、日本の自・自連立政権は、去る4月27日衆議院で新ガイドライン関連2法案・1協定の採決を強行した。安保条約の枠を踏み越え、憲法に抵触する 法案の矛盾を解明することなく、国民の不安、自治体の疑問、働く人々の切実な訴えに、耳を領けることをしなかった。与野党の議員が発足させた「憲法制度調 査委員会設置推進議員連盟」の活動は、”自由な論議”の名目の下で進行する危機管理・有事体制整備への動きの中に、第9条を軸とする憲法改悪への明白な狙 いをみてとれる。

1、社会民主党は、歴史が教えるように、“危機管理”より“危機回避”を優先する。この間、韓国、朝鮮民主主義人民共和国、中国など近隣諸国との平 和と友好の外交を軸とする「平和のためのカイドライン」を提起した。参議院におけるたたかいをつうじて、新ガイドライン関連法案廃案に向けて全力をを尽く す決意に曇りはない。憲法理念を21世紀の世界の中で活かし拡げていくために、平和・人権・環境・福祉など人類共通の諸課題に向かってアジア及び世界の平 和を望む人々と手を携え、前進する決意を改めてここに表明する。