声明・談話

1998年12月17日

米英両国によるイラク爆撃についての談話

社会民主党
幹事長 渕上 貞雄

1,本日アメリカとイギリスは、イラクが国連安保理決議違反である大量破壊兵器の査察を妨害しているとして、空爆を行なった。社会民主党は、このア メリカ、イギリスの行為を批判する。わが党は、空爆によって問題はかえって悪化し、さらに武力によっては解決できないと考える。

1,これまで、アナン国連事務総長による調停作業と国連チームによる査察が行なれてきた。イラク政府は、調停の努力を尊重し査察を受け入れ、平和的な解決に全力を尽くすべきである。

1,日本政府は、米英の軍事力行使を支持すべきではなく、直ちに軍事力行使を中止するように求めるべきである。また、関係諸国に自重を求めるように働きかけるべきである。