声明・談話

1998.7.12

参議院選挙結果について

    社会民主党

1.今回の参議院選挙結果を厳しく受けとめる。わが党は閣外協力を解消し、野党の立場にたって訴えてきたが、橋本内閣・自民党への国民の強い批判をわが党への支持につなげることができなかった。

わが党を支持してくださった有権者の皆さん、厳しい選挙戦を闘った党員、支持者、労働組合、支持団体などの皆さんに心から感謝する。

1.今回の選挙戦では、わが党の力量不足から、景気対策、政治倫理、新ガイドライン法案などの争点を明確にしきれなかった。臨時国会では、国民生活をまもり、選挙公約の実現のために懸命に努力する。

1.21世紀の日本を展望した時、すでにヨーロッパで主流になっている社会民主主義勢力が重要になる。日本においても、社会民主主義勢力の果たす役割は不可欠であり、わが党はその政治勢力形成のために全力をあげる決意である。