声明・談話

パキスタンの再度の核実験に断固抗議する

1998年5月30日

パキスタン共和国

 ムハマド・シャリフ首相閣下

本日パキスタンが二度目の核実験を行なった。国際社会がインド及びパキスタンの核実験にたいし強く抗議しているなか、二度目の核実験を行ったことは、断じて容認できない。

南アジアに核の緊張が生まれたことは、広島、長崎の経験を持つ日本として戦慄を覚える。社会民主党は、世界の平和を求める人々と堅く連帯し、これ以上の核実験の実施を阻止するためにあらゆる努力を行なう。

社会民主党は、本日開催された全国代表者会議の名においてパキスタン政府の連続した核実験に強く抗議するとともに、核廃絶に向けた国際的なイニシアチブを発揮することを改めて表明する。

社会民主党全国代表者会議