声明・談話

大蔵省現職キャリア職員の逮捕に当たって

1998年3月5日

社会民主党

幹事長 伊藤茂

1.大蔵省の証券局総務課課長補佐榊原隆容疑者と証券取引等監視委員会上席証券取引検査官宮野敏男容疑者両者の逮捕は、大蔵省の腐敗がいかに根深く構造的であるかを示して余りある。

社会民主党疑惑解明プロジェクトは、これまで多くの大蔵省における疑惑解明を行ってきた。そして度重なる大蔵官僚の疑惑に関して幾度となく調査し、自浄の努力をするよう大蔵省に申し入れてきたが、今回の逮捕で、大蔵省にはその姿勢が全くないことが証明された。

国民の信頼を回復するため、大蔵大臣は、責任を深く自覚し、これまでの疑惑に関する調査の経過を明らかにするとともに、第3者の専門家からなる刷新チームを編成するなど、大蔵省の抜本的改革を強力に進めるべきである。

2.巨大な権力が集中する大蔵省の金融と財政の完全分離を直ちに行うことが必要である。内閣もまた、度重なる不祥事に厳しく襟を正し、日常的に慣行化したあらゆる接待を禁止する公務員倫理法の制定にこそ徹底した努力を払うべきである。

3.社会民主党は、今回の逮捕を民主政治の危機ととらえ、市民の声を集めて、政・官・財の癒着の疑惑解明と寄港の改革、公務員倫理法の制定に向けて全力で取り組む。