声明・談話

自民・社民・さきがけ3党の政策合意に関して

 総選挙後の政局運営について協議を重ねてきた自民・社民・さきがけ の3党は、10月31日、政策について合意をした。

 以下は、合意文章の全文です。

 

 


第2次橋本内閣発足にあたっての3党合意

自由民主党、社会民主党、新党さきがけの3党は、第41回衆議院議員総選挙後 の政見の枠組みについて協議をおこなった。その結果、3党はこれまでの2年余の 与党しての連立政権の成果を積極的に評価し、第2次橋本政権の発足に当たり、 新たな政策協議を踏まえ、左記に掲げる事項を確認する。

 

 

1.新たな政策合意について

自由民主党、社会民主党、新党さきがけの3党は、新たな政策協議を行った結果、 次の通り合意した。今後、この合意に基づき、3党はその速やかな実現に最優先で 取り組むこととする。

なお、合意に至らなかった事項については、各党の考えを尊重し合うことを確認す る。

 

(1)3党協議での合意した事項(別紙)

 

(2)合意にいたらなかったが、さらに協議を継続することとした事項(別紙)

 

 

1.3党協議の運営、意思決定について

3党間の政策決定、国会運営等を緊密に協議するための協議の場を次の通り設置す る。

(1)党首協議

 

(2)与党責任者会議

三党の意思決定機関とし、随時協議を行う。

メンバーは次の通りとする。

 

 

  •  自由民主党  

     幹事長 総務会長 政務調査会長 国会対策委員長 参議院議員会長 参議院幹事 長 参議院国会対策委員長

  •  社会民主党  

     幹事長 政審会長 国会対策委員長 参議院議員会長 参議院国会対策委員長

  •  新党さきがけ 

     幹事長 政策調査会長 国会対策委員長 

(3)与党政策調整会議

3党間で政策合意した事項および継続する事項を調査・決定するため、「与党政策 調査会議」をおき、定期的に協議する。この 場では、新たな政策合意事項等に加え、予算案、関連法律案等、通常政府が国会に提 出する案件も取り扱うが、個別の省庁別調査 会議は設置しない。

 

(4)与党国会対策会議

3党の衆参国会対策委員長等で国会対策について随時協議する。

 

 


自由民主党・社会民主党・新党さきがけ三党は、以上の事項を確認し、今後協力し ていくことを合意する。