社会民主党ロゴ

氏   名 岸田 清実(きしだ きよみ)
HPアドレス http://www.kishida-k.com
選 挙 区 宮城県選挙区
生年月日 1955年2月16日
公認・推薦 公認
当選回数 新人
事 務 所 宮城県仙台市青葉区大町2−15−24 亀兵ビル1F
代表的肩書き 党宮城県連合幹事長

【プロフィール・略歴】

1955(昭和30)年2月、仙台市太白区郡山に生まれる。東長町小学校、郡山中学校、東北工大電子工高を経て、1979(昭和54)年東北学院大学経済学部卒業。1979年4月、自治労宮城県本部に勤務し、働く者の生活向上のために活動。1987(昭和62)年9月、社会党県本部(現社民党県連合)に勤務し、憲法を暮らしに生かす政治を実現するために活動。1991(平成3)年、宮城県議会に初当選し、3期務める。この間、党権連合役員を歴任し現在、党県連合幹事長。

【訴える重点政策】

くらしの安心
  • 不当な解雇・リストラを制限、雇用継続を保障する法制度を充実します。
  • 若年雇用対策、障がい者の就業機会の拡大、福祉・教育・環境を中心に雇用を創出します。
  • 国民(基礎)年金は、老後の最低生活保障として、全額税方式で誰でも8万円にします。
  • 診療報酬の適正化、医療費本人負担の引き下げ、患者の権利確立など医療制度の抜本改革を行ないます。
元気な地域
  • 税財源の地方移譲をすすめ、住民自治に直結する地域公共サービスを充実します。
  • 中小企業への支援体制を整備します。「地域再投資法」を創設し、地域雇用の創設、地場産業の育成を図ります。
  • 農業への直接所得保障制度を創設(林業・漁業にも適用)し、食料の安定供給を図ります。
  • 住民が地域創造の主役であり、住民参加のまちづくりへの支援、自治基本条例やまちづくり条例の制定、情報公開をすすめます。
平和の創造
  • 国連憲章の精神、憲法前文と9条を指針にした平和外交と非軍事、文民、民生を基本とする積極的な国際貢献をすすめます。
  • 平和憲法の理念の実現をめざし、自衛隊を国境警備・災害救助・国際協力などに改編・縮小します。
  • 北東アジアを非核化し、核も戦争もない21世紀をめざします。
【好きな言葉】  (モットー)思い立ったが吉日
【趣 味】  地元史発掘