トップページに戻る 社会民主党ロゴ

イラクにおける邦人人質事件について

 バグダッドに向かっていた邦人3人が8日、イラク国内で人質とされる事件が発生しました。社民党は本日(9日)、首相官邸や外務省に対して、3人の身柄確保や救出について下記の通り申し入れを行なうことにしました。また、福島党首は本日午後、人質とされた人たちのご家族にお見舞いと激励を行ないました。


2004年4月9日

内閣総理大臣
小泉純一郎様

社会民主党
党首 福島みずほ

邦人人質事件についての申し入れ

 バグダッドに向かっていた邦人3人が8日、イラク国内で人質とされ、犯人グループから自衛隊撤退の要求を突きつけられていることが明らかになりました。現時点で、犯人が何者なのか特定できてはいないようですが、どのような理由があるにせよ、このような行為は断じて許されるものではなく、強い憤りを感じずにはいられません。また、イラク市民のために献身的なボランティア活動を行なっていた民間人が標的にされたことは、極めて残念という以外にありません。

 同時に、大義も正当性も欠いた米英両国の武力攻撃と占領統治、米国主導の暫定政府づくりに対して、イラクの人々の不満がかつてなく高まっていることは明らかです。そして、この戦争を無条件に支持しただけでなく、憲法に違反して自衛隊のイラク派遣を強行し、占領統治を支援したことが今回の事態を招いたのではないかと強く危ぐするものです。

 社会民主党は、この事件に対して、以下の諸点を政府に申し入れます。

1. 正確な情報収集を急ぎ、人命尊重を第一として、3人の身柄の安全確保と救出に全力をあげること。
1. 米国主導の占領統治を支援し、なおかつ非戦闘地域に限るとしたイラク特措法にも反する自衛隊のイラクでの活動を直ちに中止し、イラクから速やかに撤退させること。
1. イラク戦争支持という誤った政治判断を撤回し、占領統治から国連主導のイラク復興支援への転換に尽力すること。
1. イラクの復興支援にあたっては、国連中心の非軍事的な人道支援に徹すること。

以上


社民党って? 社民党基本政策 党則 声明・談話 党大会等議事録  議員一覧 各都道府県連合 リンク 入党のご案内 党首・幹事長会見