トピックスfrom社会新報

労働時間で首相答弁撤回 裁量労働制の拡大やめよ

■野党6党が厚労省ヒアリング

吉川元・政審会長

安倍首相が「厚生労働省の調査によれば、裁量労働制で働く方の労働時間の長さは、平均的な方で比べれば一般労働者より短いというデータがある」との1月29日の答弁を2月14日に撤回した問題で、野党6党は同日、国会内で厚労省からの合同ヒアリングを行なった。社民党から吉川元・政審会長が参加した。

野党側は、そもそも比較対象である一般労働者の1日の実労働時間の調査は行なわれていないなどと指摘し、この同省データを根拠とする裁量労働制の拡大方針は撤回すべきだと主張。同省側は「現在精査しているところ」と繰り返し、議論はかみ合わなかった。

(社会新報2018年2月21日号より)

又市征治さん 新党首就任へ

改憲阻止し党の再建を

又市征治さん 新党首就任へ

社民党党首選が1月26日に告示され、受け付け終了時間までに又市征治参院議員(党幹事長・選対委員長)以外に立候補の届け出がなかったため、又市議員の無投票当選が決まった。党首は任期2年。新執行部を選出する2月下旬の党大会で正式就任する。

又市征治 当選決定後、又市議員は党全国連合で記者会見し、向こう2年間の重要課題として、①憲法9条改悪・軍事大国化阻止②格差・貧困の是正③不公平税制を是正し社会保障財源を確保すること――などを挙げた。

また、「待ったなしの課題」だとする党再建・再生の道筋について「9条改悪阻止などの運動をつくり上げていく中で党の政策発信力を高めながら、女性や若者たちの党への結集を進め、来年の統一自治体選と参院選で議席と党勢の拡大を図っていくことが私に課せられた重要な使命」と述べ、そのために「党の見える化」の推進に努力するとした。

通常国会での野党連携について又市議員は「重要な課題にあたっては党首会談をしっかりやって結束していく努力を進めていきたい」と抱負を述べた。

参院選での野党共闘のあり方についても「単に32の1人区(の候補者一本化)だけでいいのか」と述べ、定数2人以上区でも可能な限り野党間調整を行なうべきとの考えを示した。

(社会新報2018年2月7日号より)

「改憲阻止」へ全力

■第16回党大会へ 運動方針(案)を決定

社民党全国連合常任幹事会は25日、2月24、25の両日に開く第16回党定期全国大会に提出する2018年-2019年運動方針(案)などを決定した。

運動方針案は、「党大会の意義と社民党の役割」の中で、16年参院選および17年衆院選の厳しい結果を受けた「党組織の立て直し」と併せ、「満身の力で改憲勢力と対決し、安倍改憲に反対する野党や広範な人々と共闘して、何としても憲法改正の発議を阻止することが、社民党に課せられた役割であり使命」と提起。

こうした基本的立場に立ち、統一自治体選と参院選のある「2019年政治決戦」の勝利を目指しつつ、向こう2年間の主要課題として、①「改憲阻止・活憲運動」強化と軍拡反対、「戦争法」等廃止②平和憲法に基づく平和外交③辺野古新基地建設反対④格差・貧困を是正し国民の暮らしと社会保障を守る⑤消費税増税反対と不公平税制是正⑥労働法制改悪反対――などの取り組みを進めるとした。

また、運動方針案と併せて大会に提出される各種選挙闘争方針(案)では、19年参院選について、①比例代表で2%以上の投票率の回復と、選挙区と比例代表で3人以上の当選②立憲野党の共闘を再構築し、32の1人区で候補者一本化を図り、改憲勢力を3分の2割れに追い込む――ことを課題とし、①比例票獲得目標を「240万票」とする②比例候補者は11ブロックからの擁立を基本とする③1人区の候補者一本化を進める中でわが党の候補者擁立を、さらに複数区でも野党間調整を図りつつ候補者擁立を追求する――などの基本方針を提起した。方針の具体化については「野党の流動化が続いており、状況の変化に対応して方針を補強していく」とした。

(社会新報2018年1月31日号より)

憲法改悪の狙いは9条の有名無実化

又市征治

■「日曜討論」で又市征治幹事長 与野党9党の幹部が21日、NHK番組「日曜討論」に出演し、通常国会の課題について議論を行なった。社民党から又市征治幹事長が出席した。

安倍首相が唱える憲法9条への自衛隊の明記について又市幹事長は、安保法制(戦争法)違憲訴訟が全国で起こされている中で、違憲の戦争法を合憲化するために「9条2項の戦力不保持・交戦権否認を有名無実化しようという狙いがあってやろうとしていることは明らか」と指摘。政治に求められているのは改憲ではなく、「憲法がいま国民に保障している自由、権利が本当に実現しているのか」について議論することだとあらためて強調した。

これに対し自民・柴山昌彦筆頭副幹事長は「自衛隊の存在が憲法上疑われるという状況をなくすだけでも、被災地支援など力を発揮している自衛隊の方々に大変大きな意味がある」と首相口移しの感情論を展開し、真の目的を隠ぺい。併せて、3月下旬の自民党大会までに同党の改憲原案をとりまとめることに意欲を示した。

(社会新報2018年1月31日号より)

海上阻止行動 密輸監視から戦争まで切れ目なし

社会新報 主張

 9日の南北閣僚級会談で朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の韓国・平昌冬季五輪参加が合意されて以降、緊張緩和の流れが形作られる一方で、気になる動きも進んでいる。自衛隊の海上阻止行動参加だ。

[つづき→海上阻止行動 密輸監視から戦争まで切れ目なし]

(社会新報2018年1月31日号・主張より)

党新春の集い

社民党は23日、都内の憲政記念会館で「2018社会民主党新春の集い」を開いた。主催者あいさつで吉田忠智党首は「今年は憲法が問われる年。安倍首相が自衛隊を憲法9条に書き込むということは、災害救助にとどまらず地球の裏側まで行って戦闘行為を行なう可能性がある」と警鐘を乱打。「院内外で9条を変えさせない闘いを強化し、護憲・活憲運動を国民運動にしていく。その先頭に立つ」と決意を述べた。

来賓として鈴木るり連合政治センター事務局・局長、福山真劫平和フォーラム共同代表、中村ひろ子I女性会議事務局長、評論家の佐高信さん、保坂展人世田谷区長(発言順)があいさつ。

福山フォーラム共同代表は「昨年は憲法破壊を進める安倍政権に対して、新しい市民との共闘の枠組みをつくり、総がかり(実行委員会)を超える総がかりを呼びかけ、9条を変えさせない3000万人署名に取り組んでいる。社民党の協力がなかったらここまで野党共闘は進まなかった」と述べた。その上で、通常国会の課題について「本質はこれまでどこが頑張ってきたかだ。誰が憲法9条を擁護してきたのか、誰が脱原発運動を担ってきたのか、誰が沖縄と連帯してきたのか。社会党・社民党と平和フォーラム、労働団体だ」と強調し、今後も共に闘う決意を示した。

(社会新報2018年1月31日号より)

男女が助け合える「働き方改革」必要

男女が助け合える「働き方改革」必要

■国会開会日「総がかり」行動で訴え 通常国会が開会した22日昼、全国市民アクション、総がかり行動実行委に「共謀罪NO!実行委員会」を加えた3団体は議員会館前行動を行ない、雪が降り始める中で600人以上が参加した。

政党・会派からは社民、共産、立憲(発言順)の各党代表があいさつ。社民党からは福島みずほ副党首がマイクを握り、「雪にも負けず雨にも負けずアベにも負けず、今国会を頑張っていこう」と参加者を励ました。

福島副党首は政府予算案を批判し、「防衛予算がふくれ上がり、国民のための社会保障を生活保護の母子加算を含めカットしていく政治にさよならを言おう」とアピールしたほか、「高度プロフェッショナル制度」(労働時間規制の適用除外)導入を含む「働き方改革」関連法案について「これ以上どうして雇用を壊すのか」と弾劾した。

(社会新報2018年1月31日号より)

憲法改悪を発議させない一年に

1・19「総がかり」 議員会館前行動

憲法改悪を発議させない一年に

「安倍9条改憲NO!全国市民アクション実行委員会」と「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」は19日、今年初となる議員会館前行動を行なった。約2000人が参加し、安倍改憲との「決戦の年」(総がかり実行委共同代表の高田健さん)との決意を固め合った。

政党からは共産、民進、立憲民主、社民(発言順)の各党代表があいさつ。社民党の福島みずほ副党首は「2018年を希望あふれる年、安倍総理が1秒でも早く退陣する年、どんなことがあっても憲法改悪を発議させない年に」と呼びかけた。

福島副党首は、年内の改憲発議を目指すとする自民党の二階俊博幹事長の発言を念頭に、安倍首相は国会答弁で9条に明記する自衛隊は集団的自衛権を行使する自衛隊であることを認めたと指摘し、「集団的自衛権を行使する自衛隊の明記をどんなことがあっても許してはならない。これは9条1項、2項の根本的な破壊だ」と強調した。

締めくくりの発言の中で高田さんは「安倍内閣のさまざまな悪政と一つひとつ闘いながら、安倍内閣を打倒する闘いと改憲発議を阻止する闘いをしっかりと結びつける」と闘いの方向性を提起。「改憲発議できない状況を私たちや世論の力でもしつくり上げることができれば、安倍内閣は退陣せざるを得ない」と指摘した。

(社会新報2018年1月31日号より)

△ページTOP

安倍9条改憲に反対
みんなの力で「戦争する国」
=9条改憲をやめさせましょう

 PDFファイルが開きます
 改憲No!フライヤー(表)
 改憲No!フライヤー(裏)

 3000万人署名の成功を
 署名用紙

  • 立憲4党と語る

line facebook instagram 社民党Youtube

衆議院議員
  • 照屋寛徳
  • 吉川元
参議院議員
  • 福島みずほ
  • 又市征治




社民党議員ブログ
社民党FRESH!

社民党Youtube

社民党Google+



Google


カンパのお願い
他金融機関からお振込される場合は
口座名:がんばれ社民党
ゆうちょ銀行〇一九(ゼロイチキュウ)店
当座預金No.0463037